MOS 資格 種類

MOS資格の種類はどんなものがある?

MOS資格とは、世界で最も有名なコンピューター・ソフトウェア会社「 マイクロソフト 」が認定する Microsoft Office のスキルレベルを証明する資格です。

 

世界中に普及しているPC用の業務アプリケーション「 Microsoft Office 」は、今では仕事に欠かせない存在となっており、あらゆる企業がそのツールのスキルアップを現場に求めています。

 

こうしたニーズの高いMOS( Microsoft Office Specialist )資格の種類にはどういったものがあるのでしょうか。

 

スペシャリストとエキスパート

まず Microsoft Office のバージョンですが、「 MOS 2007 」「 MOS 2010 」「 MOS 2013 」の3種類があります。

 

これらの各バージョンの中に文書作成ソフトの「 Word 」、表計算ソフト「 Excel 」、プレゼンテーションソフト「 PowerPoint 」、データベース管理ソフト「 Access 」、電子メールや連絡先管理の「 Outlook 」などの科目が設けられています。

 

特にWord と Excel に関しては、2段階に等級が分かれています。それは初級の「スペシャリスト」と上級の「エキスパート」です。

 

「スペシャリスト」はアプリケーションの基本的な機能や操作スキルをテストするものですが、「エキスパート」はより高度で専門的なテクニックが求められる資格です。エキスパートは初級のスペシャリストの資格がなくてもチャレンジできます。

 

しかし、エキスパートを取得してもスペシャリストのスキルを証明することは出来ません。それは試験にあっての双方の出題範囲にほとんど重複がないからです。

 

つまり両方の等級を取得してはじめて、Word もしくは Excel の総合的な能力を証明することができるのです。

 

マスター認定

そして、これらの資格の上に位置づけされている称号が「 Microsoft Office Specialist Master(マスター認定)」です。

 

これは Microsoft Office の各バージョンの中で、Word と Excel のエキスパートと PowerPoint の3つを取得し、かつ Access か Outlook のどちらか1つを取得することで認定されます。

 

このマスター認定証は、上記の条件を満たした人に無料で発行されます。様々な種類が設けられているMOS資格に是非チャレンジしてみて下さい。