MOS 資格 使い道

MOS資格の使い道とは?【MOS資格取得ガイド】

マイクロソフトの公式的な資格として知られている、マイクロソフトオフィススペシャリストですが、意外と簡単に取得できる資格であります。

 

試験は実技形式で行われることになりますが、ある程度のトレーニングを詰めば特殊技能は必要なくMOS資格を取得できます。

 

そんな簡単な資格でありながら、公的な資格として色々なところで通用する資格になっています。

 

そこで今回は、MOS資格の意外な使い道について紹介します。

 

既にMOS資格を取得している方も必見の内容ですよ!

 

就職で使える!

これはよく知られている内容でありますが、MOS資格は就職でも使えるんです。

 

企業によっては、MOS資格の有無を要件として入れているケースもあるので、MOSを持っているだけで就職活動で一歩リードできると言っても過言ではありません。

 

ちなみに、MOS資格の受験費用では学割が適用されますので、学生のうちに取得しておくと大変お得です。

 

昇進にも役に立つ!

最近は、企業の中でもMOS資格の取得を推奨するケースがあります。

 

特に、営業系の方はお客様にプレゼンするケースも多いわけですが、その時にPowerPointのスキルを持っておくととても便利なわけです。

 

その点で、PowerPointのMOS資格を取得すると、その分だけ会社からも評価されることになります。

 

会社の昇進でも、MOSの有無は役に立つこともあるので、余裕があれば資格を取得しておくと良いですね。

 

会社で人気者になれる?

どの会社でも、Office製品を使用していることが多いわけですが、そのスペシャリストとも言えるMOS資格を取得しておけば、役に立つこともあります。

 

それは、職場のOfficeヘルパーとなることができる点です。

 

例えば、パソコンがあまり得意でない上司にOfficeの使い方を指導したり、高度な操作ができずに悩んでいる方の相談に乗ってあげたりすれば、自然と人気者になることができるかも?

 

会社としても、職場にこのような方が一人いると重宝しますよね。