MOS 資格 通信

MOS資格を通信教育で取得するには?

数あるパソコン系の資格の中でも、世界的に通用する資格であるMOSが大人気となっています。

 

国家資格ではないのですが、マイクロソフトが制定する資格ですので、世界でも名の通った資格になっているわけです。

 

合格率が高い資格ではありますが、パソコンが苦手な方にとっては結構ハードルが高く感じることになるわけです。

 

そういう方に向けて、実はMOSに関する通信教育が用意されているのですが、どのような内容の教育を行うのでしょうか?

 

そこで、MOSに関する通信教育の内容について紹介していきます。

 

MOSの通信教育の内容は?

まずは、MOSの通信教育の内容について説明します。

 

MOSは、Office製品を実際に操作して、一定のスキルを持ったものが取得できる資格になります。

 

実際の操作を通信教育で学ぶのは難しい気がするのですが、多くの会社で通信教育が用意されています。

 

その多くは、Officeのバージョンで分かれて通信教育を行っています。

 

教育に使うものとして、Officeは自分で用意しなければなりません。

 

通信教育では、テキストとデータが入ったUSBメモリーと、その他読み物に分類されているケースが多いです。

 

また、DVDによる動画でのテキストも準備されていることがあるので、ビジュアル的に学習することも可能となっています。

 

MOS 通信教育の費用は?

MOSを確実に取得したい場合には通信教育が便利でありますが、当然のことながら無料で利用できるわけではありません。

 

実際の費用としては、スペシャリストレベルのコースでWord、Excelそれぞれで20000円程度、両方合わせて35000円という価格設定となっている場合が多いです。

 

それぞれ、標準学習期間は1ヶ月程度ですので、飽きることなく勉強し続けて試験に臨めるのが良いですね。

 

試験自体の費用も1科目10000円強かかりますので、2回落ちて再試験で合格したと考えれば、決して高い買い物ではありませんね。