MOS 資格 傾向

MOS|資格取得者の傾向は?

どんな業種の仕事においても役に立つ資格の一つであるのが、MOSです。

 

最近は、MOSといえばパソコンスキルがどの程度あるかについてのバロメーターとして使うことができますし、求職においてもMOSを持っているかどうかがキーとなるケースがあります。

 

そんなお役立ち資格の一つであるMOSですが、実際にはどのような人が取得する資格なのでしょうか?

 

今回は、MOS資格取得者の傾向について紹介していきます。

 

大学生に大人気!

先に紹介した通り、MOSは就職活動でも役に立つ資格の一つです。

 

中には、最低要件としてMOSを取り上げる企業もあるようですので、大学生としては少しでも就職活動を優位に進めたいという意志のもと、在学中に取得するケースも見られます。

 

資格取得には費用が発生するわけですが、それを惜しんでいる暇はない!ということでしょう。

 

事務系のお仕事をしている方が取得!

事務系の仕事をしている方は、自分のOfficeを使いこなすためのきっかけとして、MOSの資格を取得するケースがあります。

 

一般的な文書作成レベルであれば良いのですが、高度な表計算を使いこなさなければならないケースもありますし、プレゼン資料を作成するためのスキルアップを図りたい、そんな場合でもMOSを取得する場合もあります。

 

会社によっては、MOSの取得を推奨する仕組みを持っているところもありますので、もしそのような制度があればぜひ有効活用して取得したいところですね。

 

事務所内のキーマンがエキスパートレベルを取得!

前の2つの傾向では、どちらかと言うとスペシャリストレベルの資格取得が多いのですが、事務所内で他人にも教えることができるレベルの人間が一人はいてほしいものです。

 

その意味で、上級レベルであるスペシャリストレベルの資格取得を推奨するケースもあります。

 

この資格を取れる人であれば、十分他人にも指導できるスキルを兼ね備えていますので、こういう意味で的確な資格と言えます。