MOS 資格 期間

MOS|資格の取得期間はどれくらい?

就職面、そして会社におけるスキルアップのためにも重要な資格となりつつあるのが、MOSです。

 

まだまだマイクロソフト製品の普及率が高いので、会社の中で仕事するにしてもOfficeを使いこなせるかどうかが重要なポイントとなります。

 

Office製品を上手く使いこなせることの証明として、このMOSという資格が尺度として採用しやすいのが実情です。

 

会社によっては、このMOSを昇格要件に入れるところもあるなど、MOS資格の格は確実にアップしています。

 

自分もMOSを取得しなきゃいけないんだけど、どの程度の期間勉強しなきゃいけないのかな・・・と悩んでおられる方も多いことでしょう。

 

そこで今回は、MOSの取得期間はどの程度必要なのかについて解説していきます。

 

MOSの難易度は?

まずはじめに、MOS資格を取得するのはどのくらい難しいのかについて説明します。

 

MOSの中でも2段階のレベルが設定されていて、一般的なスキルを持ったスペシャリストレベルと、プロレベルのスキルを持つエキスパートレベルの2種類が用意されています。

 

スペシャリストレベルの合格率は実は高く、9割前後と言われています。

 

何年も仕事でOffice製品を使用していれば、特に難しい資格ではないでしょう。

 

また、エキスパートレベルにおいても、レベルは上がりますがそんなに難しいことはなく、合格率もそこそこ高いものとなっています。

 

スペシャリストレベルを通り越して、いきなりエキスパートレベルを受験する方も多いようです。

 

MOSの取得期間は?

ではここからが本題で、MOSを取得するにはどの程度取得期間を見ておくべきでしょうか?

 

毎日のようにOfficeを使用している方であれば、特別勉強する必要もなく、参考書を少し眺めておけば良いレベルです。

 

全くの初心者の方でも、通学講座や通信講座を受講すれば1ヶ月程度の集中勉強で取得できます。

 

とにかく、実際のOfficeを使ってみてスキルを磨くのが重要になりますよ。