MOS 資格 勉強

おすすめの勉強方法は?【MOS資格取得ガイド】

MOS( Microsoft Office Specialist )資格とは、コンピューター・ソフトウェア業界で世界ナンバーワンシェアを誇る「マイクロソフト」が認定する Microsoft Office のスキルレベルを証明する資格です。

 

世界中のあらゆる仕事で使用されている Microsoft Office には、様々な業務アプリケーションが入っています。

 

文書作成ソフト「 Word 」、表計算ソフト「 Excel 」、プレゼンテーション用ソフト「 PowerPoint 」、メールとアドレス管理ソフト「 Outlook 」などがセットで販売されています。

 

これとは別売りで「 Access 」というデータベース管理ソフトもあります。

 

以上のアプリケーションがMOS資格の試験科目の対象になっています。

 

MOS資格を取得するためのおすすめの勉強方法には、どのような方法があるのでしょうか。

 

最も出費を抑えられる方法

一番おすすめできる方法は独学です。その理由は、最もお金を掛けずに資格を取得できる方法だからです。

 

基本的に独学は、市販されている教材を購入して完全に自分のペースで学習を進めていくという方法です。コストも一番安く抑えることができるのが独学のメリットなのですが、デメリットも大きいのが特徴です。

 

そのデメリットとは、プロの講師や専門家から直接指導やアドバイスを受けることが出来ないので、効率的に学習が進められないところです。目指している資格の難易度が高ければ高いほどその効率性は下がってしまうのです。

 

しかし、MOS資格の場合はそのデメリットはかなり低くなります。なぜなら、MOS資格の難易度は高く設定されていないからなのです。取得しやすい資格としても知られているMOS資格は、独学でも十分に合格できます。

 

自分のペースと安い費用でMOS資格の合格が目指せる独学は、おすすめできる勉強方法です。

 

独学でチャレンジする場合は、教材を反復して学習し、模擬試験で正解率90%以上キープすることを目標にして下さい。その正解率がキープ出来るようになってから、試験にチャレンジするようにしましょう。