MOS資格スペシャリスト 一般

MOS資格スペシャリスト(一般)の試験内容とは?

MOS( Microsoft Office Specialist )資格は、世界で最も有名なソフトウェア会社「マイクロソフト」が認定する Microsoft Office のスキルレベルを客観的に評価する資格です。

 

この資格の中で、初級レベルの「スペシャリスト」は基本的なアプリケーション操作能力、知識などをテストします。

 

難易度はあまり高くないことで知られていて、取得しやすい国際資格として注目を集めています。

 

スペシャリスト対象の科目

MOS資格のスペシャリストには、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook の5科目があります。各科目は Microsoft Office 2007、2010、2013 の3つのバージョンに分けられています。

 

これらの科目の中で、最もニーズがあるのは Word と Excel のようです。この Word と Excel だけは、スペシャリスト以外に「エキスパート」という上級レベルが設けられています。

 

このエキスパートは、各アプリケーションのより専門的で普段使わないようなテクニックが出題されます。そのぶん難易度も上がっていて、取得しにくくなっています。

 

各アプリケーションの試験内容

Word スペシャリストの各バージョンの中で、最も試験内容の範囲が広いと言われているのが 2010 バージョンです。2007・2013 バージョンと比べて、ページのレイアウト設定やハイパーリンクの適用、文末脚注の作成などの項目が加わっています。

 

Excel スペシャリストも同じく、各バージョンで試験内容が最も広範囲に渡っているのが 2010 バージョンです。他バージョンと比較すると、スパークラインの適用や「 Backstage 」を使用してのブック共有方法などが出題されるという違いがあるようです。

 

MOS資格で最も取得が難しいと言われている「 Access 」は、各バージョンにそれほど違いはありません。データベースやクエリの作成や編集が主な試験内容となっているようです。

 

またPowerPoint や Outlook は、極めて基本的な操作と機能を理解していれば試験にパス出来る内容です。

 

これらのMOS資格 スペシャリストは、模擬試験で正解率90%がキープ出来れば難なく合格できる試験なので、ぜひチャレンジしてみて下さい。