MOS 資格 合格率

試験の合格率はどれくらい?【MOS資格取得ガイド】

MOS( Microsoft Office Specialist )資格とは、世界でも最も有名なコンピューター・ソフトウェア会社の「マイクロソフト」が認定する Microsoft Office のスキルレベルを証明する資格です。

 

Micorosoft Office が世界ナンバーワンのシェアを誇り、また約200ヶ国で実施されている資格ということから、MOS資格は国際資格としても知られています。

 

しかし、グローバルな資格と言っても難易度は決して高くありません。「取得しやすい国際資格」これがMOS資格の人気を支えている要因の1つです。

 

では、MOS資格の合格率はどれぐらいなのでしょうか。

 

独自統計による合格率

まず結論としては、MOS資格では合格率は公表されていません。ですので、MOS資格にチャレンジする時は、各専門学校などが独自に統計している合格率が目安になってきます。

 

MOS資格で90%以上の合格率で定評のある学校は「ヒューマン アカデミー」です。

 

「ヒューマン アカデミー」が実施している講座「 MOS合格対策講座 Word 2010 & Excel 2010 スペシャリストレベル」は、これまで約 15,000 人以上の合格者を輩出してきました。

 

ヒューマン アカデミーがこの高い合格率を誇っているのには理由があります。それはヒューマン アカデミーが独自ノウハウで作ったカリキュラムと「合格保証制度」というサポートが付いているからです。

 

合格保証制度を使えば、万が一試験に合格できなくても受講期間を無料で延長してくれるのです。

 

また専門学校は、基本的に生徒が合格水準に達するまで受験させないので、これも高い合格率をキープしている理由の1つと言われています。

 

模擬試験での正解率

独学で取得を目指す時に合格への目安となるのが、模擬試験での正解率です。購入した教材を繰り返して練習することで、模擬試験で90%以上正解できるようになります。

 

その模擬試験での正解率がそのまま試験の合格率に反映されます。一発合格を目指して、MOS資格にチャレンジしてみて下さい。