MOS試験

MOS試験の概要について

ビジネスマンなら是非とも取得しておきたい資格である、マイクロソフトオフィススペシャリストですが、具体的にはどのような試験が行われているのかが知られていません。

 

試験内容を知らないと、何を準備して資格取得しなければならないかが把握できません。

 

試験を知ればMOSなんて簡単に取得できる!私はそう断言します。

 

今回は、MOS試験の概要について紹介していきます。

 

MOS試験はいつ・どこで行われている?

まずは、MOS試験がいつ行われているかについて解説します。

 

MOS試験は、もう200回以上も開催されている私見となっており、ほぼ毎月のように開催されています。

 

開催場所についても、ほぼ全国の都道府県で開催されていますので、お住まいの都道府県での受験が可能となっています。

 

開催場所は、パソコンスクールで行われることになりますが、注意したいのは開催バージョンです。

 

Officeの旧バージョンの試験は開催していない会場も多くありますので、受験するOfficeのバーションをしっかりご確認の上で試験に申し込んでください。

 

MOS試験の費用は?

MOS試験は、無料で受験できるわけではなく、9800円+消費税の受験費用が必要です。

 

お支払い方法はクレジットカードも使用できますし、学生の場合は学割が適用されますので、お得に受験することができますよ。

 

MOS試験の内容は?

では、最も気になるMOS試験の内容について紹介します。

 

MOS試験は、最大45問からなる試験であり、パソコンで回答していく形になります。

 

試験終了後、リアルタイムで合否結果が表示されるのが特長です。

 

試験の出題範囲は公式ページで公開されていますので、その範囲について学習して臨めば確実に取得できるでしょう!

 

無事合格しますと、認定書が登録された住所に郵送されます。

 

また、デジタル証明書は受験当日より利用可能となります。

 

公的証明書として通用するものになりますので、取得した暁として当日から自慢できますね。