MOS マイクロソフトオフィススペシャリスト

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)とは?

MOSとは、マイクロソフト オフィス スペシャリスト( Microsoft Office Specialist )の略称です。これは Microsoft Office のスキルレベルを証明する資格です。

 

曖昧だったスキルレベルを明確化

これまで Microsoft Office の主なアプリケーションとして知られている「Word」「Excel」「PowerPoint」などは、その操作能力や知識力を示す基準が明確化されていませんでした。

 

あらゆる分野の現場や業務で広く普及している Microsoft Office ですが、この基本的なアプリケーションのスキルがあれば、仕事をかなり効率的に進めることができます。

 

MOS資格は、その不明瞭だった各アプリケーションの技術レベルに客観的な評価を与える役割を担っています。

 

また Microsoft Office は、現場でのデスクワークに欠かせない存在となっており、必要不可欠なツールのスペシャリストの証明であるMOS資格は、様々な企業からも重要視されている世界共通の資格なのです。

 

誰でも受けられる資格

試験科目は「Word」「Excel」「Powerpoint」「Access」「Outlook」の各バーションに分けられています。Word と Excel だけは初級レベルであるスペシャリストと上級レベルのエキスパートレベルの2段階があります。

 

しかし、どの試験もあまり難易度は高くないと言われているようです。企業からもニーズが高く、かつ取得しやすい資格として現在までに340万人以上の人が受験しています。

 

これだけ多くの人がチャレンジしているのは、受験に必要な資格や条件がないところでしょう。なんと小学生以下の子供であっても、保護者の同意があれば受験することが可能なのです。

 

試験形式ですが、筆記試験ではなくPCを用いた実技試験です。結果は試験終了次第にその場でパソコン画面上で発表されます。

 

初心者でも手軽にチャレンジできるMOS資格は、今後もさらに需要を伸ばしていくでしょう。