MOS 資格

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)資格とは?

やっと企業の業績が上向きになってきて、採用に関しても活発化してきています。

 

また、景気が良くなればその分だけ社員の教育にお金も掛けるようになるので、そうなると自己啓発として様々な資格の取得を推奨しています。

 

その中で多いのが、MOSという資格の取得を促すケースです。

 

名前だけ良く聞くMOSですが、具体的にはどのような資格のことを言うのでしょうか?

 

今回は、知っているようで意外と知らないMOS資格について紹介していきます。

 

MOSとは?

MOSとは、Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の略で、ビジネスソフトであるOfficeの技能を持った方が取得できる資格なんです。

 

Officeといても、以下の製品が存在しています。

 

Word:文書作成
Excel:表計算
Access:データベース
PowerPoint:プレゼンテーション
Outlook:メール

 

これらのソフト単体で、実技形式の試験を受けて、一定の点数を獲得できればMOSの資格を取得することができます。

 

実は、MOSには各ソフト単位で2段階のレベルがあります。

 

まず、一定の技能があれば取得できるスペシャリストレベルと、更に上級のレベルであるエキスパートレベルがあります。

 

自身がある方は、いきなりエキスパートレベルを受講して取得しているケースも多く見られるんです。

 

MOSを持っていると何に有利?

これだけもてはやされる資格になっているMOSですが、どのような場面で役に立つ資格なのでしょうか?

 

企業としては、日常業務に欠かせないツールであるOfficeのスキルを持っているMOS取得者は、分かりやすいバロメーターとなります。

 

企業によっては、MOSを持っていることで昇進で有利に作用したり、多少なりとも手当が出ることもあります。

 

MOS自体は非常に合格率の高い資格ですので、自己啓発として取得してみても面白いですね。