MOS 資格 メリット

MOS資格を取得するメリットとは?

MOS( Microsoft Office Specialist )資格とは、世界最大のコンピューター・ソフトウェア会社「マイクロソフト」が認定する Microsoft Office のスキルレベルを客観的に評価する資格です。

 

Microsoft Office とは、マイクロソフトが開発したPC用業務ソフトウェアです。

 

このソフトの中には、文書作成ソフト「 Word 」、表計算ソフト「 Excel 」、プレゼンテーション用ソフト「 PowerPoint 」、メールやアドレス管理ソフト「 Outlook 」などがセットになって販売されています。

 

また他にも「 Access 」というデータベース管理ソフトも別売りされています。

 

これらのアプリケーションは、今ではあらゆるデスクワークに必要不可欠な存在となっています。しかし、世界中に普及した Microsoft Office ですが、これまでそのスキルレベルは曖昧に評価されてきました。

 

そこで、明確に客観的評価をするMOS資格を作ることで、企業もスキルレベルを把握しやすくなりました。

 

では、このMOS資格を取得することで得られるメリットとはどんなものなのでしょう。

 

世界を舞台に活躍できるMOS資格

MOS資格を取得する主なメリットは3つあります。

 

まず1つ目は、世界共通の資格を取得できるというメリットです。

 

今では世界中のあらゆる企業が使っている Microsoft Office ですが、このソフトウェアを使いこなせる証明であるMOS資格を取得することで、世界中の企業や会社での就職にも有利になるでしょう。

 

海外を舞台に活躍したいと考えている人には、ぜひ取得してもらいたい国際資格です。

 

仕事や授業にも活用できるMOS資格

2つ目は、就職だけでなく授業の学習効率や成果を高められるというメリットです。

 

Microsoft Office のスキルを活用することで、あらゆる分野での授業の要点を効率的に整理して、学習を進めることができます。事実、MOS資格を取得してから成績が伸びた生徒も多くいるようです。

 

3つ目は、仕事の生産性をアップできるというメリットです。仕事で普段 Microsoft Office を使っている人は、アプリケーションが持つ機能の約2割しか活用できていないそうです。

 

MOS資格を取得すれば、その機能全てを活用して仕事をスピーディーに進めていくことが出来ます。その仕事の生産性の違いは言うまでもありません。

 

これらの多くのメリットを持つMOS資格の取得に是非チャレンジしてみて下さい。