MOS 資格 使える

MOS資格は本当に使える?使えない?

MOS( Microsoft Office Specialist )資格とは、世界で最も有名なコンピューター・ソフトウェア会社「マイクロソフト」が認定する Microsoft Office のスキルレベルを客観的に評価する資格です。

 

世界中で普及している Microsoft Office は、今ではデスクワークに欠かせないソフトウェアになっています。

 

MOS資格には文書作成ソフト「 Word 」、表計算ソフト「 Excel 」、プレゼンテーション用ソフト「 Powerpoint 」、アドレス管理とメールソフト「 Outlook 」、データベース管理ソフトの「 Access 」があります。

 

あらゆる企業でニーズがあると言われているこのMOS資格ですが、この資格は本当に使えるものなのでしょうか?

 

実践で使えるMOS資格

まず企業が特に実践的な資格として位置付けているのが「 Word と Excel のエキスパート」と「 Access 」です。これらのMOS資格は、企業から重要視されている資格であると言えます。

 

なぜ企業はこれらの資格を重要視するのでしょうか。その理由は、これらのアプリケーションスキルが現場での仕事の効率性を高めてくれるからです。

 

最もポピュラーなMOS資格である Word と Excel は、これまで多くの人が取得してきました。資格取得者の数が増えてきたことで、企業はより高いテクニックを求めるようになっているのです。

 

こうした事情から、Word と Excel のMOS資格は、初級の「スペシャリスト」だけでなく、上級の「エキスパート」も取得することが必要とされています。両方を取得することではじめて、Word と Excel のMOS資格を持ったと言えます。

 

エキスパートの資格は本当に使えるMOS資格として、あなたの仕事の生産性を高めてくれることでしょう。

 

本当に使える存在になれる

次に企業が求めている希少価値の資格があります。

 

それが「 Access 」なのです。Access は主に顧客データの作成や管理に使われたりするアプリケーションですが、データベース分野の知識が必要なので、Access を使いこなせる人は多くいません。

 

なので、難易度が高い Access という資格を持てば、企業から「本当に使える存在」として扱われるでしょう。就職に強いMOS資格取得にぜひチャレンジしてみて下さい。