MOS 資格 就職

MOS資格を取得すると就転職に本当に役立つ?

MOS( Microsoft Office Specialist )資格は、世界で一番シェアを誇る業務ソフトウェア「 Microsoft Office 」のスキルレベルを証明する資格です。

 

この資格の受験者が増えているのには理由があります。それは「取得しやすいグローバル資格」だからです。

 

世界中に普及している Microsoft Office は、今ではデスクワークに必要不可欠なソフトウェアになっています。Microsoft Office には、文書作成ソフト「 Word 」、表計算ソフト「 Excel 」、プレゼンテーションソフト「 PowerPoint 」、データベース管理ソフト「 Access 」、アドレス管理とメール機能を備えたソフト「 Outlook 」などの種類があります。

 

これらのMOS資格の中で、どのアプリケーションが就転職に役立つのでしょうか?

 

企業が求める人材

まず企業はどんな人材を求めているのでしょうか。それは「即戦力」と「経費削減に貢献できる」人材です。

 

企業が即戦力である人材を見極めるには、やはりその企業の仕事に合った資格を持っているかどうかが判断基準になります。

 

職場で生産性を生み出すのは、やはり資格取得者の方です。資格を持つことで自信を持って現場で能力を発揮することができます。

 

そうしたあらゆる分野や企業に通用するのが、MOS資格なのです。最もポピュラーな Word や Excel はもちろん、PowerPoint などのプレゼンテーション資料作成スキルも企業から重要視されています。

 

なぜなら、最近プレゼンテーション能力を問う企業が増えつつあるからです。企画書作りにも適している PowerPoint は、企業からも即戦力として扱ってもらえる資格と言えるでしょう。

 

最も就転職に強いアプリケーション

また企業がコスト削減に貢献できる人材を求めているのには理由があります。

 

それは多くの企業が、仕事の一部を外部に委託していることがあるからです。経費もそのぶん掛かってしまいます。特に企業に重要な顧客管理は、データベース作成・管理についての知識とスキルが求められます。

 

こうした企業が欲しいのは、「 Access 」のMOS資格を取得している人材です。Access はかなり専門性が高い資格なので、今でも希少価値がある資格として企業から重要視されています。

 

企業はこの人材を得ることで外部委託に頼る必要がなくなり、経費削減に貢献できるのです。MOS資格の Access は最もおすすめしたい資格です。

 

自分の武器になるMOS資格を取得して、就転職に役立てていきましょう。