上級 MOS資格エキスパート 難易度

MOS資格エキスパート(上級)の難易度は?

MOS( Microsoft Office Specialist )資格とはマイクロソフトの代表的な製品である業務アプリケーション「 Microsoft Office 」のスキルレベルを証明する資格です。

 

MOS資格の Word と Excel 科目には、スペシャリストとエキスパートという2段階の等級に分けられています。基本的な操作や機能をテストする初級のスペシャリスト、より高度で専門的なテクニックを求める上級をエキスパートと呼んでいます。

 

スペシャリストの難易度は特に高いということではありませんが、エキスパートは一般的には知られていない機能やスキルを要するので、合格するにはスペシャリストの倍の学習期間が必要とされています。

 

バージョンで違ってくる難易度

では、エキスパートの難易度とは具体的にどれぐらいなのでしょうか。

 

まずエキスパートレベルの試験対象となっているバージョンは Microsoft Office の 2007・2010・2013の3つです。この中で難易度が高いと言われているバージョンは、2007 と 2013 です。

 

2007 バージョンがなぜ難易度が高いかと言うと、他のバージョンに比べて出題範囲が広く設定されているからです。

 

「 Word 2007」と「 Word 2010」を比較してみると、2007 バージョンはテンプレートの管理やXMLの管理などの項目が加わえられています。

 

「 Excel 2007 」と「 Excel 2010 」を比較してみると、2007 バージョンはより関数とマクロに特化した内容になっています。

 

2007 バージョンは専門性が強めに設定されているので、難易度もそのぶん高くなっているのです。

 

価値を上げる為の難易度

次に 2013バージョンの難易度が高い理由は、エキスパートの資格がさらに2分割されているからです。「 Part 1 」と「 Part 2 」と呼ばれていますが、この両方のパートを取得することでエキスパート認定されます。

 

エキスパートを分割した目的は、より難易度を高めるためと言われています。取得しにくくすることで、資格の価値を上げようとしているのです。

 

各パートの出題範囲は分割されているので絞られた内容になっていますが、それだけ出題される内容も難しくなっているようです。

 

各試験に臨む前に、模擬試験でしっかりと90%の正解率がキープ出来るようになってからチャレンジするようにしましょう。