MOS 試験科目

MOSの試験科目にはどんなものがある?

MOS( Microsoft Office Specialist )資格とは、世界で最も有名なコンピューター・ソフトウェア会社「マイクロソフト」が開発した Microsoft Office のスキルレベルを証明する資格です。

 

Microsoft Office は世界中に普及している最も有名なPC用ソフトウェアで、複数の業務アプリケーションがセットになって販売されています。

 

文書作成ソフトの Word、表計算ソフトの Excel、プレゼンテーション用ソフトの PowerPoint、データベース管理ソフトの Access、アドレス管理やメール機能も備えた Outlook は、今ではデスクワークに欠かせない存在となっています。

 

多くの人たちが普段から使っているので、これらの各アプリケーションに対して、知識や操作スキルがどの程度のレベルなのか明確化されていませんでした。しかし、このMOS資格が誕生したことで、資格取得者も企業もどれほどのスキルがあるのか判断しやすくなりました。

 

今では世界共通で取得できるグローバル資格として、注目されている資格です。

 

MOS資格の様々な試験科目

では、MOS資格にはどのような試験科目があるのでしょうか。まず試験対象になっている Microsoft Office のバージョンは 2007、2010、2013 の3つのバージョンがあります。その各バージョンの中に、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook の5科目に分けられています。

 

Word と Excel のみに「スペシャリスト」と「エキスパート」の2等級が設けられています。

 

スペシャリストとは、アプリケーションの基本的な機能や操作をテストする初級レベルです。

 

エキスパートは、もっと専門的で高度なテクニックが求められる上級の資格です。これら2つのレベルを取得することではじめて、Word か Excel のMOS資格を取得したと言えるでしょう。

 

またエキスパート 2013 バージョンは、更に Part 1 と Part 2 に分かれていて、取得しにくくなっているようです。

 

最後に Access は、最も専門的な知識とスキルが必要とされるMOS資格です。データベースについての知識や高度な操作テクニックが求められるので、企業からも重要視されやすい資格と言われています。

 

マスター認定

また Word と Excel のエキスパートの中で3つの資格と PowerPoint や Outlook、Access のうち1つを取得することで、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター」というマスター称号が無料で発行されます。

 

このマスター認定によって Microsoft Office の総合的なスキルを証明することができます。

 

こうした自分の目標に合わせて様々な試験科目が用意されているMOS資格は、PC初心者にとってもおすすめの資格です。