MOS 資格 独学 スクール

MOS資格を取得する際、独学とスクールどちらが良い?

MOS( Microsoft Office Specialist )は世界で一番のシェアを誇っているPC用業務ソフトウェア「 Microsoft Office 」のスキルレベルを証明する資格です。

 

コンピューター・ソフトウェア会社のマイクロソフトが認定している世界共通の資格ですが、難易度はそれほど高くないことでも知られています。

 

試験科目は、文書作成ソフト「 Word 」、表計算ソフト「 Excel 」、プレゼンテーションソフト「 PowerPoint 」、アドレス管理とメール機能のソフト「 Outlook 」、データベース管理ソフトの「 Access 」があります。

 

こうしたMOS資格を取得する際には、主な学習方法として独学とスクールへ通う方法があります。

 

では、どちらの方法が取得しやすいのでしょうか。

 

MOS資格ではメリットが大きい独学

まず結論としては、MOS資格は難易度が高くないので独学でも通学制でも取得することは可能です。

 

パソコンに慣れている、または普段から仕事で Micorosoft Office のアプリケーションを使用していれば、独学でも約2週間?1ヶ月ほどの学習で取得することができます。

 

独学のメリットは、基本的に学習に掛かる費用を必要最低限に抑えられることです。デメリットとしては、プロの講師から直接指導を受けることが出来ないので、難易度が高い資格であればあるほど学習効率が下がってしまうリスクを抱えてしまうことです。

 

しかし、MOS資格ではそのリスクが低いと言えます。なぜなら、初心者でも教材を購入して模擬試験で正解率90%をキープできれば、十分に合格することができるからです。

 

独学は、金銭的に余裕がない人には一番おすすめできる方法です。

 

充実したサポートが受けられる通学制

通学制は、パソコン初心者に一番適した方法です。その理由は、専門学校でプロの講師が指導してくれるので、分からないことがあればすぐに質問できます。

 

合格するまで受講期間を延長してくれるサポートが付いている講座もあるので、パソコン初心者でも約1?2ヶ月で試験にパスすることも可能です。

 

またパソコン初心者でなくても、難易度の高いエキスパートレベルや Access を取得したい人には、確実にスキルを身に付けられる専門学校で受講することをおすすめします。

 

ご自分の取得したい科目やレベルに合わせて適切な学習方法を選び、試験にチャレンジしましょう。