MOS資格スペシャリスト 一般 難易度

MOS資格スペシャリスト(一般)の難易度は?

MOS( Microsoft Office Specialist )資格とは、世界最大のシェアを誇るコンピューター・ソフトウェア会社「マイクロソフト」が開発した Microsoft Office のスキルレベルを証明する資格です。

 

その資格の中で、基本的な操作やスキルをテストする初級(一般)レベルの「スペシャリスト」があります。

 

このスペシャリストの難易度はあまり高くなく、独学でも十分に合格できるレベルの試験と言われています。

 

スペシャリストで最も難しい科目

スペシャリストには、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook の5科目があります.この中で最も難易度が高いと言われているのが、Access です。

 

なぜこの Access が一番取得が難しいのでしょうか。その理由は、Access というアプリケーションが専門的な知識とスキルを必要とされているからです。

 

事実、Access を使いこなせている人は本当に少なくて、企業から最も重要視されやすい資格なのです。

 

データベースという専門分野の知識が求められるので、コンピューターに強い人にはおすすめの資格です。

 

Word や Excel の難易度

その他の科目は普段使っている機能や操作に関しての出題がほとんどですので、難易度は高くありません。

 

MOS資格の場合、明確な難易度や合格率は公表されていませんが、市販されている教材や過去問題集を繰り返して練習することで、合格ラインの80%は十分に確保することが出来るようです。

 

Word と Excel はMOS資格の中で、最も受験者の多い科目と言えるでしょう。これらの科目だけ、スペシャリストの上に「エキスパート」という等級が設けられています。

 

エキスパートはより専門的なテクニックが必要となり、スペシャリストとは出題範囲がほとんど重複していないのが特長です。つまり Word と Excel の資格の価値を発揮するには、「基礎のスペシャリスト」と「高度なスキルを証明するエキスパート」の両方を取得することが必要なのです。

 

そのため、難易度は PowerPoint や Outlook に比べると、やや取得しにくくなっているようです。しかし、これらの資格を取得すると自信を持って就職先にアピール出来るようになるでしょう。