MOS 資格 通信

MOS資格は通信教育で取得できる?

MOS( Microsoft Office Specialist )資格とは、世界で最も有名なコンピューター・ソフトウェア会社「マイクロソフト」が認定する Microsoft Office の技術レベルに客観的な評価を与える資格です。

 

MOS資格の誕生で、これまで不明瞭だったスキルレベルが誰でも把握できるようになりました。これにより企業も採用についての判断材料の1つとして認識するようになりました。

 

世界でも通用するこのMOS資格は、どのように取得できるのでしょうか。その取得方法の1つとして「通信教育」があります。

 

通信教育でも学べるMOS資格

MOS資格を扱う通信教育講座は世の中に多くあります。通信教育のメリットは、購入したカリキュラムを自分の都合に合わせて、在宅で学習を進められることです。特に仕事をしている人にはおすすめの方法です。

 

通信制は、費用が独学よりも多く掛かってしまいますが、効率良くスキルを習得することができるのです。

 

おすすめの通信講座

MOS資格の通信講座で定評があるのは、「ヒューマン アカデミー」が実施する講座です。ヒューマン アカデミーの「 MOS試験 2013 Word & Excel コース スペシャリストレベル 試験対策」です。

 

全カリキュラムを最短7日間で修了することが出来るこの講座は、これまでに 15,000 人以上の合格者を送り出した実績があります。平均学習期間は約2ヶ月ですが、4ヶ月間は受講することが可能です。

 

万が一不合格になったとしても、「合格保証サポート」という受講期間を無料で延長できる制度があり、サポートが充実しています。

 

また授業料は、42,000 円と他スクールの通信講座に比べて高めですが、教材のクオリティは高い評価を得ているので、初心者にもおすすめの通信講座です。

 

ちなみに最も価格設定が安い通信講座は、パソコンスクール アビバの「MOS対策講座」の 34,800 円です。教材もアビバ独自のノウハウで分かりやすく作られているので、こちらもおすすめしたい通信講座です。

 

通信教育で自分のペースで学習し、MOS資格の試験にぜひチャレンジしてみて下さい。