MOS 資格 能力

MOS|資格取得に求められる能力とは?

MOSといえば、すっかり一般世間にも名の通った資格になりましたよね。

 

実は、世界でも通用する資格なのですが、その難易度は意外と低く、誰でも少しの努力で取得できるものになっています。

 

私はある程度のパソコン知識があるのですが、全くパソコンに関する知識がない方でもこのMOSは取得できるものなのでしょうか?

 

今回は、MOS資格の取得に求められる能力は何かについて紹介していきたいと思います。

 

まずはパソコンが使える必要あり!

MOSはOffice製品を使いこなす技量があれば、知識は全く不要と言っていいほどの資格となっています。

 

もちろん、Officeを使いこなすということは知識も必要なのですが、書面で知識を問うような試験形式は取られていません。

 

実技は実際にOffice製品を使ってミッションをこなしていくスタイルですので、まずはパソコンを使える能力がないとお話になりません。

 

ただ、入力できるなどの基本動作が出来れば、パソコンの隅々まで使いこなせるまでの技量は必要ありません。

 

Officeの一通りの機能は使えるように!

MOSはOfficeの中のソフト単体について、技能試験を受けることになります。

 

よって、私はWordの試験のみ受験したい、というような事も可能となっています。

 

ただ、Wordの中にある機能の中で、すべての機能を一通り使用できるようになっていないと、合格は厳しい状況です。

 

試験の範囲については、マイクロソフトのホームページに掲載されていますので、その範囲の機能は確実に操作できることが試験クリアの条件となります。

 

これは、能力というよりは慣れが必要になる項目になります。

 

ある程度パソコンが使える人であれば、何度が自分で使用してみているうちに自然と能力として身につくものです。

 

最も難しいのがAccessの試験であると思いますが、これも実務で何個かデータベースを作ってみた経験のある方であれば、特に悩むことなく試験に望むことができるはずです。