MOS 資格

【MOS資格取得ガイド】試験合格を目指す情報サイト!

MOSの資格取得するには?

MOSとは、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の略語です。これはアメリカ合衆国に本社がある世界最大のコンピューター・ソフトウェア会社「マイクロソフト」が認める Microsoft Office アプリケーションの国際資格です。

 

日本ではオデッセイコミュニケーションズが実施しています。この資格の目的は、WordやExcelなどの明確化できてなかったスキルレベルを基準化して客観的に証明することです。

 

Microsoft Office はワープロソフトの「Word」、表計算ソフト「Excel」、プレゼンテーションソフト「PowerPoint」などで知られているオフィス業務に必要なアプリケーションをセットにしたソフトウェアです。

 

これらは多くの現場で広く普及していて、仕事の効率を高めるために各アプリケーションのスキルアップが求められています。

 

MOS資格の種類

MOS資格には「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」と「マイクロソフト オフィス エキスパート」の2種類があります。各資格の中でスペシャリストレベルは初級で、エキスパートレベルは上級にあたります。

 

そして、この等級の上にあるのが「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター」です。これは Office2013、Office2010、Office2007の中で、定められている4つの試験にパスした人が認定される称号です。

 

この称号はいくつかのアプリケーションソフトにおいて、総合的に高い操作力と応用力を持っていることを証明するものです。

 

MOS資格取得方法

では、この現場で求められているMOS資格はどうすれば取得できるのでしょうか?まず学習方法ですが、3つの方法があります。

 

それはマイクロソフト公認の試験対策教材を購入して独学する方法、試験対策講座を行っている実施校で受講する方法、通信講座を受講する方法です。

 

これらの方法で学習した後で試験にチャレンジします。受験資格や条件は特にありません。誰でも受験することができます。ただ小学生、もしくは小学生以下のお子様が受験する場合は保護者の同意が必要になります。

 

初めて受験される場合は、初級(一般)レベルのスペシャリストにチャレンジすることをおすすめします。なぜなら、上級のエキスパートレベルで出題される試験は初級レベルで理解、習得している内容をベースにして作られているからです。

 

まずはスペシャリストで基本的な機能と操作を身につけることを目指しましょう。

 

また、当サイト以外にも、IT関連の人気資格であり、設計・製図の製作をサポートするコンピュータソフト・CAD(Computer Aided Design)に関するサイトも運営しています。CAD資格に興味がある方は、こちらもご一読いただければ幸いです。

 

更新履歴